« 風切り音②その低減フィンセットって効くのか?エーモン静音計画 | トップページ | 冬の午後:やはり雪道が似合うフォレスター »

2013年11月17日 (日)

青LEDで車内足元にインテリア間接光演出(前編)

水平対向ボクサーエンジンの滑らかなの走りに慣れてきましたら、

夜間走行時の車内がその躍動感の割に、片手落ちに寂しい… というか

インパネ以外、まじ 暗闇じゃないですか! 10年前のフォレスターとは。__(-_-;)

 

がぜん、もう少し「浮世」らしくしたいと欲がでてくるわけです。

カーショップのLED自由工作キットで、イルミネーション演出をやってみますか~!

LED安くなってきましたね! 特に青色は。

blue_image

ちょうどスバルも基調ブルーだし、イメージコンセプトは上の通り。 ↑

闇の向こうに、蒼い光が漏れている。そこを覗いてみたいようなムードの間接光で車内足元を包む。

 


光の演出しかけづくり

 

Blue_LED1

夜は運転席・助手席の足元を、ブルーレイが包むことを想定します。

  • ライト(スモール含む)ON/OFFで、車内イルミネーションが点灯するような配線プラン
  • LEDは外から見えないが、青い光が間接光となって欲しい広がりをみせる位置の決定

【配線プラン】

sketchy02s_L1

ライトON/OFFは、車配線ではイルミネーション電源(イルミ電源)と呼ばれているラインが司っています。

トリムをはがしても、それがどれだか判別できませんので、電装品やアクセアリーに接続している

コネクター(またはカプラ)のピンアサインをヒントに見当していきます。

 

フォレスターSG系の場合…

センターパネルカバーを内装はがしではずしますと、純正オーディオデッキが裸で取りだせます。

そのデッキの裏には、車から14P接続コネクターが挿してありますが、その1番ピンがイルミ電源*です。

14P_audio *:ライトON/OFF連動して通電するか、テスターでも確認のこと

この車側14Pコネクターは緑色の樹脂が多い(接続口 13x33 mm)

そのピンにつながっている線に配線コネクターを噛ませて12Vを分岐して使えばいいわけです。

)は付近の金属ボディのねじ箇所から取ったり、シガーソケットのグランド線などとつなげばOKです。

 

そのようにしてイルミ電源を分岐横取りできましたら、便利な4分岐BOXにつないでターミナルにします。

その箱ターミナルから複数のLEDをすべて配線すれば、同時点灯ができて管理も施工も楽になります。

distribution_box

この分岐ターミナルに、間接光青LED配線がワンタッチで接続してある。(運転席下側トリムの裏)

 

【材料調達】 ぜんぶエーモン製品

connect_stuff

  内訳 エーモン型番No.
1 青色LED 5φ(拡散レンズ付き) 二個入り 1910
2 ダブルコード(赤黒) 0.5sq ×6m M271
3 プラスマイナス分岐ターミナル (LED電源を4つに分岐) 2831
4 異線径配線コネクター (太い線から細い線で分岐をつくる) 1146
5 接続コネクター(0.2~0.5sq) 8個(4セット) 2824

 

※免責事項: このブログ記事を参照した結果生じた損害について、一切責任を負いません。


光の古車リフォーム!近未来的ムード

 

2013Blue_LED1

青LEDで車内イルミネーションされ、妖しさをまとった第二世代フォレスター(2003年式)

 

2013Blue_LED2

深夜のドライブで夜景流れる車窓をスクリーンとするなら、足元の間接光は劇場の雰囲気に似てるかもしれない。

 

なんちて! やってみて喜びひとしおな案件になりました。 (^^♪

 


   


« 風切り音②その低減フィンセットって効くのか?エーモン静音計画 | トップページ | 冬の午後:やはり雪道が似合うフォレスター »

フォレスター・SUBARU」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453701/63361103

この記事へのトラックバック一覧です: 青LEDで車内足元にインテリア間接光演出(前編):

« 風切り音②その低減フィンセットって効くのか?エーモン静音計画 | トップページ | 冬の午後:やはり雪道が似合うフォレスター »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ