« 塩辛・セリごはん! | トップページ | 雪害での家屋損壊、火災保険で一部カバーされるのは知ってますか? »

2014年2月 8日 (土)

さあ、30cmの降雪を雪かきなしでどこまでいける、フォレスター?

今年の冬は雪わずか、このまま春へと行ってくれと望んでいましたが、そこは立春すぎ。

一番寒いし何があるかわからない… 油断ならんのです。

案の定、今日は未明からシンシンと降りまして、こちら山麓は積雪30cm超えとなりました。

あゝ、雪かきを車道までしておくかとガレージの戸を開ければ… フカフカの雪ぶとん。

2014-0208_01

ふと、おっそうだ! 雪かきしないでどれくらい車体が進むか…

凍結道路など低フリクション登坂では優れた技術力をみせるスバル車。では、

フォレスターのラッセル能力(雪を押し分けて進む)はどんなものかみてみよう!

ということになりました。最新車ではなく、X20(4AT)で地上高は20cmです。

ガレージから出る状態では、あいにく、バック(後進)しか試せませんが、やってみます。

2014-0208_03

2014-0208_022014-0208_06

お~いくなあと、20mほど進めたところで、早朝に除雪車がかいて出来た雪壁を押し出せずアウト。

まあ、がんばりました。

地上高のクリアランスを越えた厚みの雪量を噛んでしまうと、車体そのものの腹がクッションに載ったように浮いてしまい、タイヤが空転して進まず終わりという結果です。これはフリクション制御が優れているとは関係ない、技術以前の当然な成り行きです。

これにおいてはどの四駆も同じ。やることは、スコップで車の腹下にある雪を取り除いて、来た方向の逆に戻って脱出をはかるしかありません。

2014-0208_04
※車の腹がたっぷりの雪の上にのり上がってしまい、タイヤは摩擦なしに空転横滑り

豪雪時の車の物理は、この状態がスタックとなり、轍(わだち)が掘れるということになります。


素直に、ここで雪かき!

車の腹下の雪を除去するだけでいいです。

サラサラの信州の雪は軽く、沿岸沿いのくっつきやすい湿った雪とくらべて楽です。

2014-0208_11

はい、出られました!

ついでに周りの雪もちゃっちゃと、スノーダンプで押して除雪。

寒くても、降りたてで雪が軽いうちに除去してしまうのが、雪の付き合いのコツ。

いや、習慣にしないと、ご苦労が増えて身体の負担ばかりとなります。

運動不足の解消にもいいでしょう。割と、汗をかきますから。

2014-0208_10

では、幹線道路まで通行ができているのか確認だけいきます。

街にはいきません。大変な混乱状態だとFacebookの投稿でみています。

2014-0208_08

しかし、こうした雪道のフォレスター。本当に楽しい♪

明日は、出かけますので、このへんで。


今日一日で降った雪の記録 (場所:西駒麓・標高900m) 約31cm 夕方6時ころ

2014-0208_132014-0208_12


 

« 塩辛・セリごはん! | トップページ | 雪害での家屋損壊、火災保険で一部カバーされるのは知ってますか? »

フォレスター・SUBARU」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453701/54917308

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、30cmの降雪を雪かきなしでどこまでいける、フォレスター?:

« 塩辛・セリごはん! | トップページ | 雪害での家屋損壊、火災保険で一部カバーされるのは知ってますか? »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ