« 「山梨県・大雪のニホンジカ絶命数調査」これを長野県もどう? | トップページ | 天竜川・河川清掃イベント下見/漂着ゴミ分布マップづくり »

2014年3月24日 (月)

カヌーで伊那峡クリーンリバー 2014年春

今日はやや風ありますが、気持ちいい。シーズン初めのクリーンリバー奉仕中。

普段、カヌーを漕ぐお好みの場所から肩慣らし。環境の変化を視察してます。

ここは、伊那峡(上伊那郡宮田村)。天竜川が大久保ダムに堰きとめられた場所です。

inakyo_gomi01

野鳥の姿、例年通り。カワウが水面ぎりぎりで飛ぶ姿に苦笑、いまや害鳥。

ここには亀も住んでいて水面付近に出てました。それにしても、峡内、赤松の枯れ方が酷い。

まだ開通していませんが、昨年、この峡内の東側に道路をふさぐほどの大きながけ崩れがあり、

崩落法面アンカー打ちにコンクリ吹付け、急ピッチで仕上げの復旧工事をしています。


今日、カヌー回収した浮遊ゴミはこちら。

inakyo_gomi03 

実は拾い集める際に、細かなパドリングの勘所を取り戻していくトレーニングにしています。(一石二鳥)

他に投棄された車鉛バッテリー数個とテレビは位置だけ把握。こういうのは行政と連携がいります。

inakyo_gomi04

伊那峡・リバーランド天竜公園を管理されている酒井さんと記念撮影。

いろいろと川辺の事件や地元情報を頂きました。

行政ではなく、こういう有志に、地域が守られているのです。ぜひ、ローカルの方は知ってください。

近年の投棄は地元民のものがほとんどで、酒井さんに目撃され注意されても繰り返すそうです。

何でも、川に流して済むという慣習は言っても改められないと嘆いてました。

この事実こそ、不法投棄に悩む他の場所もほぼ同じであろうと思われます。


 

« 「山梨県・大雪のニホンジカ絶命数調査」これを長野県もどう? | トップページ | 天竜川・河川清掃イベント下見/漂着ゴミ分布マップづくり »

アウトドア&自然保護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453701/55609226

この記事へのトラックバック一覧です: カヌーで伊那峡クリーンリバー 2014年春:

« 「山梨県・大雪のニホンジカ絶命数調査」これを長野県もどう? | トップページ | 天竜川・河川清掃イベント下見/漂着ゴミ分布マップづくり »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ