« 高品位エアコンフィルターへ交換 BOSCH アエリスト ナノ | トップページ | 車体接地タイプの静電気除去アースプレート:その2 »

2015年11月24日 (火)

車体接地タイプの静電気除去アースプレート:その1

帯電した静電気を確実にキャンセル除去したい…

 

晩秋に晴天が続き、朝夕の気温も10℃を下回る頃でしょうか、

車から降りて、ドアを閉めるとき…

指先に 「ビリッ!!」と来るようになりました。

 

このささいな刺激はちょっとしたストレスで、カーライフでは無視できず

出費して対策もよかろうと、カー専門店を物色。

 

タッチして除電が真っ先にいいだろうと、接地タイプなら申し分ない…

ありました、SEIWA 静電アースプレート K328 購入。

static_sticker04

※ 細長いタッチ部とフロントドアのボルト(-)を細線で導通し、グラウンドをとる仕組み

 


静電アースプレートの取り付け

static_seiwa

1,パッケージの内面に詳しい取説。(画像をクリックすると別窓で拡大)

   フロントドア内張りをちょっと外して、細線を隠す工作が手間というか、お楽しみどころ

 

static_sticker01

2,タッチ部をドア開閉の利き手動線付近に設置しようと、この位置に貼り付けた

 

static_sticker03

3,製品取説にしたがって、ドアのナット部に接触させて車体接地

 

static_sticker02

4,細線保護に、感触のいい黒テープでカバーで接地工作完了!

 


【補足対策1】履き物による、静電気ショック有無について

 

車ドアに、バチッ!と静電気ショックがあったときを思い返しますと

晴天乾燥時に、クロックスを履いて出かけたことが多いような気がしてきました。

s_crocs

そういえば、革靴や下駄、雪駄のときは、やられた!と思うようなことがないような…

 

s_leathershoess_geta

その体験を裏付けるように、

身体に帯電した静電気は履き物が絶縁体になって足から地面への放電がかなわないと、

その上の手で触れようとしたところで放電しやすいことが、ネットで紹介されていました。

 

まさにこれじゃないですか。

s_boots

(雨の日は湿度高く足元も濡れているので、その時はクロックスやゴム長靴でも静電ショックは感じたことがない)

 


 


« 高品位エアコンフィルターへ交換 BOSCH アエリスト ナノ | トップページ | 車体接地タイプの静電気除去アースプレート:その2 »

フォレスター・SUBARU」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453701/63068563

この記事へのトラックバック一覧です: 車体接地タイプの静電気除去アースプレート:その1:

« 高品位エアコンフィルターへ交換 BOSCH アエリスト ナノ | トップページ | 車体接地タイプの静電気除去アースプレート:その2 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ