« PC上でAndroid環境をエミュレートして、名門Snapseedアプリを使おう | トップページ | 頂いたこの袋物市販の「讃岐うどん」はちがった! »

2015年12月12日 (土)

ドアロック連動ミラー格納ユニットの装着 TA-SG5

今更の便利さ!キーレス連動ドアミラー格納

 

このところ連日の電装DIYで調子に乗りまして、遅ればせながら、2003年式フォレスターにも、

キーレス・ロック連動でドアミラー折りたたみ格納をできるようにしました♪。

年末セール出血中の廉価DIYユニットを緊急で取り寄せ、内張りはずしているうちにつけちゃえ!と速攻。

 

その連動ユニットを搭載し、最終動作確認した時の動画がこちらです。↓

やはり、ミラーが畳まれてると施錠が一目瞭然だし、手狭な国内の駐車時エチケットにも都合がいいですョ!

第二世代フォレスターには、キーレスエントリーとドアミラー格納機構(ミツバ製)がすでに標準装備。

しかし、そのロック施錠でドアミラーが自動格納する… 日常生活で駐車時の利便機能については、

そのあとで登場してくるオプションだったみたいですね。

このあたりの経緯も、それぞれの発明特許や知財登録の日付をチラ見すると、あると便利なニッチ機能ゆえ、

標準装備かオプションかで弄ばられたみたいだなあ~と、調査中に下衆の勘繰りが楽しめました。

 

この機能の実装は、車両の電装と配線ハーネスとか明るい方には楽勝、頭いらず工作の手間だけ。

もし、車種年式によって取説に指定してある配線が見つからない時は、黙して諦めるという難度です。

このフォレスター2003/3月登録のSG5は、それでした。

ネットでDLできるSG5系結線取説で示されているラインが、一つ見当たらないという早い製造時期の車とわかり、

それで、どうしたかという備忘録をここにご紹介します。 (免責事項:記事を真似・参考にされても自己責任で)

 


やってね!お客様まかせの装置ユニット到着

 

年末の愛車電装DIY集中キャンペーンで、ブルーイルミ完成やインパネハイビーム青別灯など、

拡充改良に連日ハマって火がついてしまいました。

そのついでのタイミングに、送料無料「キーレス連動ドアミラー格納ユニット」在庫一掃税込2340円を

ネットで見かけてしまったのが運の尽き、「いつやるか? 今でしょ!」のポチリ…。 (もうないみたい)

 

afm_kit01 ほらよ!とばかりに、届きました。

汎用品なので、フォレスターSG系な方は「スバル 10P Aタイプ ドアミラー SG5」で検索すれば、どこかで見つかるでしょう。

afm_kit02 afm_kit03

さすが、送料負担してくれてのセール。該当車種別結線資料など詳しい添付取説はまったくナ~シ!!

もちろん、文句ありません。 わかる人だけ使ってくれの出血販促ですもの。 自己責任引き受けましたぜ。

まず驚いているのは、箱に製品型番も生産国名もないこと。まあ、中華でしょうな。

箱書きの文言を見る限りでは、臭みがないので、たぶん日本人が企画した卸売パッケージでしょう。

今時のフォレスターに純正ドアミラーオートシステムという同等オプションだと、1.5万くらいだとか。 フフンですな♪

 


 

 

装置のイラストだけみると、簡単そうですね。 右側の白いコネクター2つついてある部位は、

右ドアのアームレストにあるミラー調整スイッチユニット裏(集中盤前方)に割り込み挿入するみたいです。

先日、ドア内張りをはずしていろいろ内部をみたので、すぐ合点承知しました。

AFM_SG5pdf

しかし、車側に付属の赤いエレクトロタップ 3つでかしめ結線するという、

常時電源、ドアロック信号、ドアアンロック信号ってどこやねん??

 

え~、この卸売パッケージは画像検索すると、割と容易にみつかります。

その車種別結線情報のPDFアーカイブを用意している別ショップで、「A-10PIN スバル用」にリンク一覧があります。

そこの「フォレスターSG5系」が最も詳しい結線取説PDFだと思われます。(SG5の方は印刷し、実車検証の推奨)

 

まず、ドアロック信号、ドアアンロック信号」について、その取説PDF通りの配線(薄緑+黒/赤+緑)が運転席

キッキングプレート裏のコネクターに見つかり、たどって右ドア内に至っていることを絶縁をむいて確認しました。

もう早速、エレクトロタップでそれぞれ結線完了。

doorlock_switching

 

次に最後の「常時電源」で、困った大問題が発生しました。

愛車には、その取説PDFで解説している[各車種の入力信号と常時電源の配線説明]参考画像にあるような

バッテリー電源(白/薄緑)ラインが、右ドアのパワーウィンドウユニット(集中盤中央)裏に挿してあるコネクターには

まったく見当たらないのです。そのコネクターのピンにテスターを直接当てて、常時12Vをドアに引き込んでいる

ラインは他にないのか?とそれぞれ探したのですが、やはり無い。_(-_-;)

 

この黒い装置ユニットは、ドアアームレスト内部の隙間に隠すしかないです。それで、バッテリー電源がドア内に

来ていないと、「常時電源」が取れないので設置できないことになります。 つまり、②③の結線も無駄になる。

 

おい!ちょっとかんべんしてくれよ。 (T_T) ちょっと、思案しました。

運転席足元に車内配電ヒューズ盤があり、その中の一つに常時電源の「コの字」ヒューズがなんと!あります。

ここから12V(+)を取り出して、すぐ隣のドアまでラインを新設して引き込むしかないんじゃない?!

車体と右ドアは、蝶番のあるところで分離していますが、その間を車体金属ボディを傷つけることなく

ケーシング配線というマニアックな施工法を検討することにしました。(実は同様の課題を前車パジェロで経験)

 

今の車体はモノコック構造がほとんどで、下地塗料のプールに沈めてドブ漬け塗装が製造過程にあるため、

ちょっとした囲みの空間には余分な塗料を排出する穴や空隙が、探せば結構都合いいところにあるのです。

フォレスターもその通りでした。 よく見れば、すでに電装配電束用で使われている穴以外に小穴あるある。

 

※クリックすると別窓で拡大表示↓

power2door power2door_tr

AVS0.75sq の配線コードなど、あっさりとくぐらせる小穴がみつかる車両ボディとドアの金属部。

その間、外に暴露するところには 3φ配線チューブ でケーシング。

車内配電ヒューズ盤側の配線コード端は、15Aヒューズ角にハンダ付け絶縁加工。(同様なものをエーモン が販売してる)

 

power2door02

新配線:車内配電ヒューズ盤に挿す左端から、ケーシング保護され、右ドア内部で「常時電源」として接続される右端

 


結線直後の装置ユニット全容と動作確認

 

散らかっているみたいですが、上の[配線図]どおりに結線したリアルな右ドア内部の舞台裏です。

real_wiring01

配線した本人以外は、わかりにくいと思うので、参考用に画像処理してみました。

real_wiring02

常時電源確保に施工した新配線コードが、今回の副次的なネタですなあ。

 

無いならライン作ろう持ってこよう!\(^o^)/

 

最初も動画、そして、締めも動画の備忘録です。

結線直後の裸むき出し状態で、ドアロック連動ミラー格納の動作確認をやってます。

中古車に電装品を着けようとして、似たような困ったケースのヒントに。

 



« PC上でAndroid環境をエミュレートして、名門Snapseedアプリを使おう | トップページ | 頂いたこの袋物市販の「讃岐うどん」はちがった! »

フォレスター・SUBARU」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453701/63469556

この記事へのトラックバック一覧です: ドアロック連動ミラー格納ユニットの装着 TA-SG5:

« PC上でAndroid環境をエミュレートして、名門Snapseedアプリを使おう | トップページ | 頂いたこの袋物市販の「讃岐うどん」はちがった! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ