« 青LEDで車内足元にインテリア間接光演出(後編) | トップページ | ハイビームのインパネ表示補助:青LED幻燈プラン(前半) »

2015年12月 8日 (火)

ダッシュボード:インパネはがし TA-SG5

インパネはずせるの? もちろん!

 

熟年フォレスターのインパネ(instrument panel)裏へアクセスしてみたいと思います。

よほど変わった用事がなければ、計器類部位をオーナー自ら開けてみることはないですね。

先日、中をちょっと確認したいことがあり、行ってみましたのでご紹介します。

inst_panel01

本題とは違いますが、momoハンドル。当時はスバル純正採用OPだったので、ちゃんとエアーバッグ仕様です。

感触いいステアリングと機能デザインは、十年そこら経った今もそのまんまです。最新車にはもうみかけません。

 

死角にヒントあり!

inst_panel02

では、いきます。 インパネフードを下方から覗きこみますと、なんと2箇所に隠しビスの窪みがあります。

 

inst_panel03

+ドライバーの短い柄のもので、ビスを外します。普通の長さのサイズでは入れません。

ここで工具の種類を多く持っている方が有利になります。

ない方は、この機会にうんと短い、ラチェット式のねじ回しを買ってそろえておくのもいいでしょう。

 

inst_panel04

ねじが取れましたら、内張りはがし様の出番となります。この辺りから挿しこんで、クイッとやります。

 

inst_panel05

インパネフードが浮き上がったところで、ハンドル位置調整をうんと下げないとフードが取り出せませんので

やっておきます。赤まるのレバーでリリースして、ステアリングをガクンと下げ、再度レバーで固定します。

 

inst_panel06

インパネフードを、そっと抜き出していきます。

 

inst_panel07 inst_panel08

駐車灯スイッチ(↓)が邪魔になりますので、ONしながらフード全体を抜き出します。抜けたら、OFFに戻します。

 

inst_panel09

ワイパー&ウォッシャースイッチを倒して、ステアリングの左側から、そぉ~とフードを抜き出すのがいいでしょう。

 

inst_panel10 inst_panel11

インパネの計器ユニットが、あとは固定ねじを取るばかりに、秘部が見えてきました。

 

inst_panel12

3箇所のねじを外します。

 

inst_panel13

さざえのつぼ焼きから中身を取り出すように、計器ユニットを引っぱり出します。

 

inst_panel14

ステアリングの右側から覗きこみますと、計器ユニットの配線コネクター各所(赤矢印)がわかります。

右手を使って、右方から順にコネクターを外しつつ、計器ユニットをこれで取り出せます。

 

計器ユニット裏に到着!

inst_panel15

インパネ計器ユニットの裏に、各インジケーターランプの交換つまみが見えます。まさに、運転表示の舞台裏です。

 



« 青LEDで車内足元にインテリア間接光演出(後編) | トップページ | ハイビームのインパネ表示補助:青LED幻燈プラン(前半) »

フォレスター・SUBARU」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453701/63083889

この記事へのトラックバック一覧です: ダッシュボード:インパネはがし TA-SG5:

« 青LEDで車内足元にインテリア間接光演出(後編) | トップページ | ハイビームのインパネ表示補助:青LED幻燈プラン(前半) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ